治験の情報が満載!

本サイトでは、新薬の開発の際に必要とされる治験がどの様に人体へ実施されるものであるのかの紹介を行います具体的には、この行為の意義についての説明を行った後に、実施される際にはどの様な準備が必要か、どの様な手続きが踏まれるのかについて述べます。
更に、実施の際のフェーズと呼ばれる幾つかの実施段階の紹介を行うとともに、幾つかの側面の説明を行います。
大原則としてインフォームド・コンセントに基づく本人の自由意思による参加が基本です。

治験は3段階に分かれている

治験は3段階に分かれている 私たちは体調が悪い時や病気になった時などには、薬局の市販薬を買ったり、病院の診断を受けて医師の処方箋を基に処方された薬を手に入れて服用します。
何気なくこの様な事を行っていますが、新たな薬が市場に出るのには様々の安全に関する検討が行われています。
中でも市場に出る直前に行われる治験は極めて重要です。
治験とは、それまで基礎研究や動物実験で行われるスクリーニングで問題の無かった新薬を、実際に人体に適用してその効果や影響を確かめるものです。
治験には、フェーズと呼ばれる幾つかの段階があり、それぞれのフェーズで趣旨の異なる検査を行う事により様々の視点から新薬の有効性や副作用についての検査が行われます。
もちろんこの治験を行うにあったては、本人の自由意思による参加とインフォームド・コンセントが大前提です。

治験で副作用が起きる心配はあるのかについて

治験で副作用が起きる心配はあるのかについて 治験は開発された新薬の承認を得るためのデータを取ることを目的として行われる場合がほとんどです。
そのため、よほど怪しい会社の治験モニターでもない限り、投与される薬は重い副作用や健康被害などの弊害が出ないかどうかという安全基準を既に満たしていることが多いです。
その上で治験モニターに対して薬を投与し、その人の年齢や体格、体質などから効果や許容されるレベルでの副作用の出方を比較し、実際に商品化する際の基準となる分量などを割り出しています。
薬が合う合わないや体質によっては薬の効果によって体調に異変をきたす可能性も否定できませんが、安全性に関しては市販されている薬や病院で処方される薬となんら変わらないので、それらを利用している時と同じような一時的な副作用であることが多いです。
また、治験モニターを募集する際には様々な条件を付けている場合が多く、条件に合わないと応募できないこともあります。
これは、その薬がよい効果をもたらすことが期待できる人を多く集め、反対に体質や病歴などからその薬を使うことにリスクがある人を避けるという、安全性の管理のためにも重要なことです。
誰でも応募できるものというのはむしろ疑ってかかった方がいいでしょう。

治験関連情報

東京の治験モニターを探す